ami

個人のスキルアップと
企業の人財育成に関連した研修サービス

セキュリティ

速習 CSIRT構築・運用支援研修

コース概要

  • 受講期間
  • 1日間
  • 開催日
  • 【Liveオンライン(H)】2021年06月04日~2021年06月04日(終了)
    【駒沢(H)】2021年06月04日~2021年06月04日(終了)
  • 開催時間
  • 9:30~17:00
  • 受講料
  • \66,000(税込)
  • 研修概要
  • CSIRT(インシデント対応チーム)の構築や運用を行う上で必要な知識を習得するコースです。
    シナリオに沿ったインシデント(セキュリティ事故)対応の机上演習を通して、インシデント対応に必要な知識やCSIRTの役割を学習します。
    これからCSIRTに携わる方や、今後インシデント対応を行う方に最適なコースです。
    机上演習がメインなので、管理系の方にもお勧めです。
  • 受講対象
  • ・これからCSIRTに携わる予定の方
    ・CSIRTのことを学習したい方
    ・CSIRT要員(技術系&管理系)
    ・情報システム担当
    ・今後インシデントハンドリングに関わる方
  • 前提条件
  • ・基本的なセキュリティ用語の知識を有している方
     以下の文章を理解できる方を想定
     総務省「国民のための情報セキュリティサイト 社員・職員全般の情報セキュリティ対策」
     (<a href="http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/business/staff/index.html" target="_blank">http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/business/staff/index.html</a>)
    ・「情報セキュリティ入門」(コースコード:N473)コースを修了、
     またはそれと同様の知識を有している方
  • 到達目標
  • ・インシデント対応の重要性と対応プロセスを理解する
    ・CSIRTの役割/モデル/サービス内容/構築手順を理解する
    ・インシデント対応の実務(情報収集、リスク分析、復旧手順の検討等)理解できる
  • カリキュラム
  • ●CSIRT概要
    ・近年のインシデント事例
    ・インシデント対応の重要性
    ・CSIRTとは
    ・CSIRTの役割/モデル/サービス内容
    ・CSIRTに必要な人材/機材/設備
    ・CSIRT構築の流れ
    ●インシデントハンドリング
    ・インシデントハンドリングフロー
    ・インシデント発生前の準備
    ・インシデント検知
    ・インシデント情報のトリアージ
    ・問題解決に向けた活動
    ・外部との連携
    ・関係者への報告/公表
    ・インシデント対応後
    ●机上演習
    ・説明のポイントごとに机上演習を用意しております。
    ・外部からのサイバー攻撃や内部端末のマルウェア感染等、実例に沿った
     シナリオの机上演習を通してインシデント対応を疑似体験することで、
     CSIRTに必要な役割やインシデントハンドリングフローなどを学習します。
  • 実施場所
  • ※開催日をご確認ください。
  • 実施団体名
  • CTCテクノロジー株式会社

コースに申し込む



ページ先頭へ