ami

個人のスキルアップと
企業の人財育成に関連した研修サービス

メンタルマネジメント

メンタルマネジメント

こころは「強い・弱い」ではなく「上手い」です。こころを上手くコントロールすることができれば望ましい結果が得られます。
そのための、知識と方法そして工夫を習得します。

近年では職場でのメンタルの重要性が高まってきています。理由は大きく2 つあり、1 つ目に色々なストレスを受ける現代において、いい仕事をするためには自分自身のマネジメントが必要になります。2 つ目には、上司やリーダーが行う本来のマネジメント業務の中にメンタルのマネジメントの意味合いも含まれてきており、同僚や部下に対しての関わり方を考える必要があります。しかし、メンタルはそのままでは見えにくく扱いにくいです。そこで、この研修では「言語化」「数値化」「図形化」の3 つを軸に進めていきます。例えばマネジメントでは相手の長い話を聴いていても生産性に繋がらないことが多いです。そこで相手に感情を短く「言語化」してもらうことで濃い言葉を引き出させます。そして、その感情を「数値化」させることでどの程度なのかが把握しやすくなります。さらに、こころや今の状態を「図形化」して伝えることで解決まで最短で導けます。このようにメンタルマネジメントでは3 つの軸を使い短い時間で効果を出すことを目的として研修を行います。

この研修ではセルフマネジメントとラインマネジメントの2 種類に分かれています。
セルフマネジメントは自分で自分のマネジメントが出来るようになることを目指します。そして、ラインマネジメントでは部下や同僚など周りのスタッフに対してのマネジメントが出来るようになることを目指しますが、自分自身のパフォーマンスがコントロールできないと他者のメンタルに関わることができないためラインの前にはセルフの研修が必要になります。

講師紹介

細野 浩史

細野 浩史

<プロフィール>
サービス業界でマネージャー職を行っているときに心理学を学び、独立後15 年以上にわたって小売業やサービス業を中心に研修を行う。また、メンタルヘルス研修やカウンセラーの育成、個人のトークレベルの向上に従事する他、心理学を活用したコミュニケーションスキルを理論化し、コミュニケーションの資格を作成するなどコミュニケーションコンサルタントとして幅広く活躍する。

関連コースはこちらから



ページ先頭へ